theory menセットアップ 2021年製

【驚きの値段で】 定価10万円 美品 WEWILL ダブルジャケット ウィーウィル テーラードジャケット

【驚きの値段で】 定価10万円 美品 WEWILL ダブルジャケット ウィーウィル テーラードジャケット



 ロンドンに住み始めて7年以上。でもいまだにできていないことというのはたくさんあって、いつでもできると思うとやらない、という私の悪いクセはどこに住んでも変わらないと諦め半分。むかし京都に住んでいたときも、京都からよそへ引っ越しする前の夏になってようやく祇園祭を見に行く有り様でした。そんな私がロンドンでまだやってないことの一つというのが、正面から日の当たるビッグベンを撮ること。
 ビッグベンなんて何度も見ているし、写真もしょっちゅう撮っているのに、なぜこれができなかったかと言うと、理由は時間。テームズ河をはさんで眺めるビッグベンは東を向いて立っているので、ここに日が当たる写真を撮ろうとすると、朝早くから撮りに出ないといけないのです。が、これが週末の朝に早起きできない私には障壁が高い。

 昨日(土曜日)の夜、天気予報を確認すると、日曜日の午前中は素晴らしい晴天とのこと。どこかへ写真を撮りにいこうかと考えたときに、ふと思い付いたのがビッグベン。でも、果たして起きられるのか。なんて考える間もなく眠りに落ちて、目が覚めると朝6時半。お、行けるじゃないか。
 というわけで、私には珍しく日曜日の朝はやくから活動開始。



 日曜日の朝早くに訪れたビッグベンは、とにかく静か。早起きできないのは私だけではないと見えて、午後になると人だらけになるビッグベン周辺も、朝は本当に人がいません。お天気は予報通りの快晴。気温も上がる前でとても爽やか。



 まっすぐに日をあびたビッグベン、やっぱりかっこいいものです。


光GENJI/スーパー・ベスト~トライ・トゥ・リメンバー




 ビッグベンを堪能したあとは、少しテームズ河沿いを歩きました。続きは次のポストで。

UNITED ARROWS ユナイテッドアローズ パンツ


【新品】マンチェスターシティー トレーニングウエア 上下セット プーマ

ヒマラヤ杉の下で SOUS LE CEDRE スカーフ
ページ先頭へ
Bindex 黒革システム手帳
ナンバーナイン カート期 ベロアパッチデニム 2×28 ニルヴァーナ グランジ